【VGC2019】超速レックゼルネ【PJCS日本代表決定戦】

お久しぶりです。らき(@Lucki_poke)です。
ムーンルールのINCで上位に入り、幕張でのライブ大会権は手にしたものの、幕張では負け越して世界に届きませんでした。
幕張で使用した構築、またそれを元に先日のオフ会用に調整(1体差し替え&技1枠差し替え)した構築を紹介します。
禁伝枠はレックウザとゼルネアスです。
負け犬の遠吠えゆえ簡潔に。細かい構築経緯や採用理由はカットします。
ざっくり書くと、メジャーなポケモンのメジャーな型を集めたありきたりなレックゼルネだと、現環境では勝ちにくいから工夫したよって話です。
画像は2つの大会を踏まえた最終調整版です。
強そうな要素があれば拾ってください。

レックゼルネ

・戦績
・個体
・選出
・敗因
・謝辞
・QR


戦績

6/8(土) PJCS2019日本代表決定戦 予選2-5

6/22(土) 3on3ウルトラ・シリーズ対戦会(チーム戦オフ、80人規模) 予選6-0 トナメ0-1 ベスト8



個体

レックウザ
ぽけっとふぁんくしょん!
レックウザ@こだわりスカーフ(エアロック・さみしがり)
181(4)-220(236)-99( )-189(148)-111(4)-130(116)
ガリョウテンセイ/しんそく/れいとうビーム/だいちのちから

☆S:最速125族抜き(コケコ・スカーフテテフ抜かれ)
☆C:D振りメガマンダおよびメガレック(C200テテフのムンフォ耐え、耐久指数26064付近まで)を冷Bで確定1発
★配分と技を見た知り合いに「小学生が四天王周回に使ってそう」って言われた。わかる


ぽけっとふぁんくしょん!
ゲンシレックウザ@こだわりスカーフ(デルタストリーム・さみしがり)
181(4)-253(236)-108( )-219(148)-121(4)-150(116)
ガリョウテンセイ/しんそく/れいとうビーム/だいちのちから

☆S:準速スカーフルナ抜き
☆C:167-116ゲンガーを大地でダメージ割合76%~の確定2発(身代わりが張れないところまで削る)
☆H-D:D-1状態でC219ウルネクのフォトン確定耐え
★メガ前の特性がコケコ・テテフより遅く発動→メガ後に上から縛る


ゼルネアス
ぽけっとふぁんくしょん!
ゼルネアス@パワフルハーブ(フェアリーオーラ・おくびょう)
207(44)-122( )-117(12)-176(196)-119(4)-166(252)
マジカルシャイン/ムーンフォース/ジオコントロール/まもる

☆S:最速
☆H-B:A232メガレックの珠ガリョウを15/16耐え
☆H-D:C191メガゲンガーのヘド爆+毒ダメに対して毒を引く確率込みで87%で生存
★耐久振りは幕張でファスガファイアローを採用していた名残り、後述。運用はCSゼルネのそれ


ガオガエン
ぽけっとふぁんくしょん!
ガオガエン@とつげきチョッキ(いかく・わんぱく)
201(244)-136(4)-132(76)-×( )-112(12)-103(172)
ねこだまし/フレアドライブ/じごくづき/とんぼがえり

☆S:追い風下でコケコ抜きライン+2
☆H-D:C201ゼルネの+2ムンフォを15/16耐え
☆H-B:A255レックの珠ガリョウを15/16耐え
★B振りの副産物としてA222までのゲンシグラのW断崖まで耐える グラのH-D事情を考慮するとAに多く割いた個体は少ないと考察していた


カプ・レヒレ
ぽけっとふぁんくしょん!
カプ・レヒレ@ミズZ(ミストメイカー・なまいき)
176(244)-86( )-141(44)-133(140)-176(76)-81( )
しぜんのいかり/ハイドロポンプ/ひかりのかべ/まもる

☆S:最遅
☆H:前歯系の技で持ち物が木の実の可能性が残る偶数
☆H-D:C183ゼルネの+2ムンフォ確定耐え
☆C:168-168ツンデツンデを水Zで確定1発
★技:怒り→ムンフォで使用していたが、相手のレヒレの癒しの波動・相手のガエンの蜻蛉先・ルナ及びウルネクへの一貫性を考慮すると怒りの方が優れている
★H-Bラインが曖昧。一応A232メガレックの珠ガリョウで~172ダメージ程度。ゼルネのムンフォを耐えても切り返しが弱いため、グラ軸・ツンデとの打ち合いを考慮してのんき(B↑S↓)が適していたか


サンダー
ぽけっとふぁんくしょん!
サンダー@デンキZ(プレッシャー・おくびょう)
167(12)-85( )-106(4)-172(212)-114(28)-167(252)
10まんボルト/ほえる/おいかぜ/みきり

☆S:最速
☆H-D:C183ゼルネの+2Wシャインを15/16耐え
☆C:176-194までのレヒレ及び188-180までのゲンシオーガを電気Zで確定1発 10万でD180ゲンシオーガに98ダメージ~
★ライブ大会ではファイアローだった枠。後述


ツンデツンデ
ぽけっとふぁんくしょん!
ツンデツンデ@レッドカード(ビーストブースト・なまいき)
167(244)-153(12)-231( )-×( )-168(252)-16( )
サイドチェンジ/ジャイロボール/トリックルーム/ワイドガード

☆S:最遅
☆H-D:C207ルナの専用Z確定耐え
★構築の守護神。いつもありがとう



選出

QRを使ってくださる方向けに、要点だけ書きました。
違うと感じたら変えてください。
何度も選択肢の分岐を調べて、自分がここでこれを選んだらどうなるか、相手がこれを選んだらどうなるかを試行錯誤した対面も多いのですが、それをここに書くだけのモチベーションがもうありません…

①レックゼルネ
メタグロス無し 有利~互角(中身次第)
ゼルネアスミニガオガエンミニ
レックウザミニツンデツンデミニ
優勢ならサイチェンで詰める 劣勢ならレッカで捲る

メタグロスあり 互角
ガオガエンミニサンダーミニ
ゼルネアスミニツンデツンデミニ
グロス前なら追い風
or
レックウザミニゼルネアスミニ
ガオガエンミニツンデツンデミニ
前ガエングロスには初手ジオコン でないとグロスの身代わりで即詰みに


②オーガレック・オーガイベル
デマルなし 有利
レックウザミニサンダーミニ
ゼルネアスミニガオガエンミニ

デマルありゲンガーなしorスイッチトリル寄せ 有利
レックウザミニゼルネアスミニ
ガオガエンミニカプ・レヒレミニ
初手デマル集中
トリルオーガ展開には壁レヒレで粘る

デマルありゲンガーあり 互角
レックウザミニガオガエンミニ
ゼルネアスミニサンダーミニ
滅ゲンなら味方に蜻蛉、味方やゲンガーに吠える 電気Zデマルなら頑丈なのでサンダーが通る


③グラゼルネ
タクン・ツンデなし 微不利
ゼルネアスミニガオガエンミニ
レックウザミニツンデツンデミニ
レッカとワイガで粘る グラさえ落とせばツンデで詰めるルートも

タクン・ツンデあり 互角
ゼルネアスミニガオガエンミニ
レックウザミニカプ・レヒレミニ
ツンデ無しトリル展開なら水Zはグラに切って良い 重力ならタダ乗りドロポン スキスワ考慮でレックのメガはグラを倒すまで切らない


④グラネクロ(マンダ) 互角
ガオガエンミニカプ・レヒレミニ
レックウザミニゼルネアスミニ
基本は蜻蛉壁から
こことのマッチはかなり研究してあって、レヒレやレックの型のおかげで実は不利ではありません
ネクロの日/月、トリルの有無、Zの種類、その時の他のポケモンの構成・配分など前提が多すぎて書ききれないので、
もし興味があれば直接Twitterまでお願いします


⑤ルナゼルネ(テテドー等) 微不利
ゼルネアスミニツンデツンデミニ
ガオガエンミニカプ・レヒレミニ
or
ゼルネアスミニガオガエンミニ
カプ・レヒレミニツンデツンデミニ
レックを出す枠がないこともしばしば


⑥ルナオーガ、ルナグラ 有利
ゼルネアスミニガオガエンミニ
レックウザミニカプ・レヒレミニ
or
レックウザミニゼルネアスミニ
ガオガエンミニカプ・レヒレミニ
壁レヒレで粘る トリルルナの筋があるため、ルナオーガにもサンダーは出せない



敗因
個体紹介でも書きましたが、幕張の代表決定戦ではサンダーの代わりに以下のポケモンを使っていました。

ファイアロー
ぽけっとふぁんくしょん!
ファイアロー@ヒコウZ(はやてのつばさ・ようき)
153( )-133(252)-91( )-×( )-90(4)-195(252)
ブレイブバード/つるぎのまい/おいかぜ/ファストガード

トリル無しグラゼルネへの選出が以下のように変わり、相性が微不利→微有利くらいになります。
ゼルネアスミニガオガエンミニ
レックウザミニファイアローミニ
アロー採用形ではメタグロスやソルガレオといった鋼への打点が構築全体で不足していました。
レックゼルネ+メタグロスやオーガレック+メタグロス、オーガテッカグヤ、オーガソルガレオといった構築と当たった際に、ダメージレース不利を取ってしまいました(グロスかソルかカグヤ入りに7戦中5回当たり、3回負けました)。
ちなみにグラゼルネにもスカーフテテフにも、1度も当たりませんでした。
テテフはともかく、代表決定戦に来るような人がグラゼルネを選ばないのは頷ける話です。
グラゼルネの多寡を問わず、ファイアローを使うのであればレックウザを以下の型にすべきでした。

レックウザ
ぽけっとふぁんくしょん!
レックウザ@こだわりスカーフ(エアロック・おっとり)
181(4)-199(228)-99( )-209(156)-111(4)-130(116)
ガリョウテンセイ/オーバーヒート/れいとうビーム/だいちのちから

技:神速→オーバーヒート、性格:さみしがり→おっとり となっています。
おっとりレックの育成自体はさみしがりの前に済ませており、おっとり<さみしがりと考えていたため、大会前にはサンダーとアローのどちらを使うかでアローを選びました。
理に適った組合せ(サンダー+さみしがり神速/アロー+おっとりオバヒ)を選べなかったのは僕の落ち度です。
後日、正しいセットを持って行った対戦オフではいっぱい勝てて安心しました。
どうして世界に行けなかったかは整理がついているので、来年こそはといった気持ちです。悔しいですけどね!
今年で世界への切符を手にした人たちはどうか頑張ってください。応援しています。
8世代でもVGCのWCSが続いていてほしいですね。(6世代のトリプルの記事でもこれ書いて見事にフラグ回収したのでアレ



謝辞
多忙な中でカプ・レヒレの厳選を引き受けてくれたWittig
さみしがりシンクロを貸してくれたてるるん
幕張のホテルを割り勘してくれたぎんなん・カンザキ 早朝に起こしてごめん
フレ戦検証に何度も付き合ってくれたトリプル勢の仲間たち
Twitterで応援してくださった皆さん
ここまで読んでくださったあなたへ

ありがとうございました。



QR
こちらからPGLの掲載ページに飛べます。



コメント

非公開コメント