【プリティプリマ】勝ち方はトリプルが教えてくれた【インターネット大会】

※プリティプリマこと1m以下ダブルの記事です。メガ無しZ有り。レギュレーションはこちら

※筆者らきはこの構築の発案者であり、大会参加者ではありません。私用で出られない僕の代わりに2人の方に使っていただきました。

うち1人のともしさん(@tomoshi99) という方は、結果記事まで書いてくださいました。お2人には深く感謝しております。

構築経緯や個別解説より結果はよという方は、最終10位、レート1848、38-7を記録したともしさんの記事へどうぞ!

20170627083642dd6.jpg

コータスの噴火、エルフーンのアンコ、ドンカラスのブレバは遺伝技です。前々日に何を育てていたんだ…


《構築経緯》

Q.6thトリプルバトル(故)で読み合いなく勝つには?

A.猫だまし+S操作+全体技

かつてこれは1つの模範解答でした。レベル1ヒコザルでも知っています。

猫だまし=3体の行動を2体に減らす技 なので、S操作が通せそうならダブルで必ずしもな技ではないかなと。


これを踏まえて、

Q.ではプリティプリマで安定して勝つには?

A.通しやすいS操作+全体技+Z技 ←NEW!!


《やること》

パターンA スイッチ
①盤面削ります>ドンカラスミニシャンデラミニ<②奇襲かけます
トリルします>ポリゴン2ミニコータスミニ<④噴火→Z噴火


パターンB 追い風
追い風します>エルフーンミニシャンデラミニ<②ルチャブルさよなら

Z地震→地震>ドリュウズミニ2ドンカラスミニ<④お掃除します


S操作から~の流れが実践できてますね。全体技にZを乗せると選択肢が広がって得です。

ルチャブル構築や天候系にはパターンBが、他の構築にはパターンAの展開が効果的です。

実際はそう上手くいかないので、トリルZ噴火を通すか/追い風Z地震を通すか/両Z選出して好きなタイミングで切るか で柔軟に出し分けます。

ともしさんは両Z選出の扱いが上手なお方で、結果記事を読んで目から鱗でした。


《個別解説》

以下、常体です。相手から見えにくい要素に着色。

コータス

コータス

持ち物:ホノオZ 特性:日照り 冷静HC(最遅)

噴火/ソーラービーム/大地の力/守る

トリル下で最強のポケモン。

噴火の通らない相手にサブウェポンが通る。ミミッキュ、カミツルギ系の構築に滅法有利。

トリル下で死に出しすることで、噴火で1~2体、Z噴火でもう1体倒して勝ち。

Z噴火は体力によらず、赤ゲージからでもガブリアスの逆鱗2発相当が放たれる。

抜群大地より半減晴れZ噴火の方が入る。ゴリラ。


エルフーン

エルフーン

持ち物:気合いの襷 特性:悪戯心 臆病CS

エナジーボール/マジカルシャイン/追い風/アンコール

ルチャブル構築、天候系へのメタ枠。

初手エルフーンミニシャンデラミニの並びで、任意のルチャブル+αに出し勝てる。

またコータス+葉緑素にはエルフーンミニドンカラスミニと出し、エルフーンミニ追い風、ドンカラスミニシャンデラミニ交換。不眠警戒でカラス方向に催眠はこない。

選出時は初手に出して追い風、アンコでドリュウズミニ2ドンカラスミニの攻撃の一貫や、ドリュウズミニ2シャンデラミニが長生きする状況を作る。

マジシャは襷潰し兼スカーフ確認に。悪戯アンコの効かない悪にも通る。

コータスと同居するため、相手からは葉緑素やトリックルーマーに見えたかもしれない。

特性で体力1から1回動けて偉い。


ポリゴン2

ポリゴン2

持ち物:進化の輝石 特性:トレース 冷静HC

トライアタック/10万ボルト/シャドーボール/トリックルーム

トリルを貼ってコータスミニに繋ぐ。最硬のトリックルーマー。

相手のドリュウズ、ツルギ等の鋼の通常技を2耐え、ミミッキュのZ技を耐えることができる。

自己再生があってもよかったが、トップメタのマリルリ・シャンデラへの有効打は、隣のコータスの負担を考えると切りたくなかった。

マリルリの太鼓/守る、シャンデラのトリル返し/守るは不利な択になる。

動かれるリスクが大きすぎるため、コータスとポリ2で集中せざるを得ず、守られた際のディスアドが甚大。

マリシャンにルチャブルを加えた並びには、さらに展開を妨害される場合が多く、スイッチ選出をすべきではない。


シャンデラ

シャンデラ

持ち物:拘りスカーフ 特性:貰い火 臆病CS

熱風/オーバーヒート/シャドーボール/トリック

プリティプリマの最強ポケモン。

相手のシャンデラを前に行動保証が欲しいため一応最速。

初手オバヒでルチャブルを始め、高速ポケモンを倒したり、熱風で削って後続の圏内に入れていく。

序盤の自シャンデラ→相シャンデラ向きシャドボは悪手になりがち。

エルフーンミニシャンデラミニと並べると相手は守りにくいほか、コータスミニを見て襷トリルも警戒され、狙った相手に技が決まりやすい。

トリックは初手で相手のトリラー・高耐久に打つことで、相手の取れる選択肢が激減し、ゲームメイクが楽になる。

初手に出すと猫を受けず、裏から耐性で受け出しも可能。あまりにも強い。


ドリュウズ

ドリュウズ

持ち物:ジメンZ 特性:型破り 陽気AS

地震/アイアンヘッド/身代わり/守る

動ければ最強のポケモン。

行動保証のつけ方は、エルフーンミニの追い風で上を取る、アンコで有効打をなくす、隣のシャンデラミニドンカラスミニで縛り解除、セルフ身代わり等、構築内に豊富。

こと追い風下でドリュウズミニ2ドンカラスミニと並べた制圧力は暴力的。悪+飛+地と3つ並んだ攻撃は昔から強い。おっと

追い風なしでも動かせるよう、非スカーフのシャンデラ、FCロトムに上が取れる最速。

Z地震は亜ベトン、マリルリ等の高耐久を倒せるだけでなく、紙アタッカーに守られても十分な削りと襷潰し、非スカーフ確認が可能。

Zの方向に動かれないことが大事。


ドンカラス

ドンカラス

持ち物:命の珠 特性:自信過剰 意地AS

ブレイブバード/不意打ち/馬鹿力/守る

動ければ最強ポケモンその2。

ひとたび特性を発動させれば、縛り範囲が格段に広がる。

カラスは構築内で2番目に動くようになっており、ブレバが通ればAが上がる。

通常不意打ちでシャンデラ、A+1不意打ちでドリュウズまで縛れるため、相手の行動を制限しつつ隣を動かしやすい。

追い風下での動きを重視して準速。トリル下の削り役はコータスで十分。

準速まで振ることで追い風下で葉緑素最速キレイハナ、S+1臆病ポリゴンZまで抜ける。

シャンデラミニドンカラスミニのサイクルで、有効打が一貫しにくい耐性も魅力。悪戯補助技も受けつけない。

初手オバヒしたシャンデラミニの引き先第一候補。

初手で強気に動かしてもいいし、中盤のS操作下で特性発動して終盤+1不意を振り回す動きは安定して強い。

劣勢でも不意ブレバ守るジャンケンで択勝ちを拾える。


ここまで読んでくださってありがとうございました。

不明な点はらき(@Lucki_poke)までお願いします。





コメント

非公開コメント